2022年03月06日

お登勢 その九 桃の節句

髪結いの帰り道
町屋通りを急いで歩いているお登勢の目に赤子を背負った町女の姿が目に入る
あっ、可愛いらしいやや子だこと
そのやった眼差しの柔らかくなったところに
にこっと笑った赤子の口の中に白い小さな歯の光がちらと射し込む

お登勢の胸になにかが飛び込んで静かに弾けてかけらが沈んでいった
家に帰り着いて少し落ち着いたところで鏡台の掛け布を上げながら
心の奥底のなにかが動くのを感じて鏡の中の顔と向き合う

歳月が重なっていて顔の輪郭が少しぼやけている
でも与平と会って丸みを増した今の顔は嫌じゃない
そうだよね、とちいさく呟いてから急に心の底から哀しい想いが湧き上がる

赤ちゃん、可愛かったなぁと呟くと泪がふわり目の縁に溢れた
あたしにも赤ちゃんが居ればいいのに、と普段押えていた言葉が唇からこぼれるのが
鏡に見えた

一度与平に訊いたことがあったけど困り顔を見てその先は呑み込んだ
本宅のひとがそれだけはやめておくれと言っていたと
次に寄ってくれたときぼそっと与平がこぼしてからもう言わないと決めていた

今日逢ったあの子は愛嬌のいい女の子だったろう
以前居た小料理屋の主人はおかみさんも子どもも大事にしていて雛飾りがあった
あたしもいつかは飾ってみたいな、と毎年思っていた

思ってはいても、もうこれ以上望めないのは分かっているけれど
体の奥で欲しいな本当に欲しいなと囁く声が止まない
来年の弥生月に桃の節句が祝えるようになったらいいのにと、また呟きがこぼれるお登勢
posted by 熟超K at 14:35| Comment(0) | 小説

2022年02月03日

お登勢 その八 うぐいす

「ふぅ」と我が口から出たため息が静かな部屋に転び出る
今日はため息をつくまいと朝日に願掛けしたのにもう十は数えてしまった

お登勢は障子の向こうに春がひっそり訪ね来ていることは知っていたが
なにが春なのさ、と依怙地な己が胸の内に棲んでいてもう三日も障子を開けていなかった

火鉢の火は灰の中でまだ微かにほんのりしているけれど
温かさもっと微かになっている

火箸でゆっくり掻きまわしてやることも億劫で
鉄瓶の湯が随分と冷めてしまっていることも気にならない振りをしている

かさっと音がした
障子の向こうの小庭になにかが動いた気配がしたようで心が瞬間しゃんとなった

『けきょ……ほ〜けきよ』…えっ、うぐいす
こんなに近くでうぐいすの声を聞いたのは初めて

お登勢はまだうぐいすの姿を見たことがなかった
湯島天神様にお参りに行ったとき、おっかさんが「うぐいすが鳴いたよ」って言ったけど
どこでどんな鳥が鳴いているのか分からず母を困らせたことだけは覚えている

『ほぉ〜〜ほけきょっ』今度はすごくはっきりとっても大きな声で鳴いた
お登勢はそぉっと障子に手を掛ける

つ、つつっと障子が動いたところで鳴き声が聞こえなくなった
手を止め息をひそめてじーっと待ってみる

まだ鳴かない、もうどこかに行ってしまったのかも知れない
いいやまだ居て、もうすぐ鳴く…

でもまだ鳴かない、火鉢の火はすっかり消えて部屋がひんやりしてきている
堪え切れずにもう少しもう少し障子をじりじり開けていく

庭のどこに居るのかどの枝に留まっているのか
あっ柿の木の下の雪柳の枝が動いた

あれがうぐいすなの
小さな小さな鳥、地味な薄緑がかった鶯茶色ってあれなのね

もう少しよく見たいと思った心が手元を揺らし
かたっと障子が鳴った途端、ぱぁーっと小鳥が飛び去った

ほぉーっと気が抜け
残念な気持ちとちょっとでも見れたし声も聴けた嬉しさがお登勢の心の中でゆっくり回る

『春雨に〜♪』端唄がお登勢の耳の記憶から浮き上がり
知らずにそれが己が唇からこぼれ出ているのがわかってお登勢はひそっと微笑んだ

今夜、与平さんが来てくれたら唄ってあげようと
お登勢はやっと炭を足す気になれた


posted by 熟超K at 16:41| Comment(0) | 小説

2022年01月15日

お登勢 その七 独り正月

年越しと新年を迎える賄金は、与平から充分もらっていた
けれど、新年のお屠蘇とお雑煮おせち料理を、独りで味わっているお登勢
与平が正月に家を出られないのは分かっている
正月三が日は、ここに来にくいのもわかっているのだけれど

でも、七草粥まで独りで食べることになるなんて
お登勢の目から露が滑り出た
それにしても、律儀な与平がまったく姿を見せないのは解せないことではあった

もしや本宅のおかみさんとなにか揉めて来られなくなってしまったのか
そんなもやもやしてるのが正月早々の心持ちなんて、やっぱりわたしは日陰の身なんだと
どうしてもうつむきがちになるお登勢だった

与平が
以前居た小料理屋「〆の屋」に通い始めたのはお登勢目当てなんだよと
おかみに言われてなんとなく気になると、どうやら与平もその気があるような素振りを見せる

最初は小上がり座敷で仲間と飲んでいた与平が
お登勢が粗相をした際にかばってくれたときから後は
料理茶屋を目指し始めた店主が新たに設けた二階座敷に一人で上がるようになり
万事を呑み込んでいるおかみも、お登勢を名指しで上客の相手をさせた

そんなある夜
いつもに増して上機嫌な与平が急にお登勢の手を取り
なんと柔らかできめ細やかな手だろう指先だろうと、言うや小指をやわっと咬んだ
刹那お登勢の背筋に震えが走って力が抜けた不思議が今でも胸に籠っている

その夜のうちに
女と男の秘めごとを分かち合え
お登勢の中のなにかが溶けて
与平に頼る生き方を選ぶことになったのだった

火鉢の炭の赤い輝きを見つめながら
過ぎた日の残像が現れるのを止められないお登勢の耳に
がたっと玄関の戸が動いた音が聞こえた途端
胸の血が熱く身体を巡り始める正月七日の夜のこと
posted by 熟超K at 13:44| Comment(0) | 小説

2021年12月31日

お登勢 その六 大晦日

明日は正月というのに、しんとした四畳半の部屋で一人火鉢の火に手をかざしながら
お登勢の心は冷え込んでいた
師走ともなれば与平のお店の商売も大忙しで
今月はまだ二日、それも泊りもせず顔を出したかと思うとじきにそわそわして
本宅に帰ってしまう与平だった

十三日にはこの家もしっかり煤払いして
正月支度のあれやこれやも知っている限りはやり尽くしたつもりではあったが
肝心の与平がとんと顔を出さない
いや出せないのだよと言ってはいたが
それほど商売繁盛で結構じゃあありませんかと皮肉を言った積りが真顔でありがとうと礼を言われる始末

どうにも心がむしゃくしゃ揉めて
与平が置いて行った年越しのおあしを持って
近場の歳の市でしめ縄の買い物ついでに羽子板市を見物に出かけたりもした
いっそ浅草寺にまで足を延ばせばなんでもありそうだが
さすがにそこで散財してしまうほどの度胸もありはしなかった

今日も今日とて行く先決め図の町歩き
大通りに面したお店の店先には葉を茂らせた背高の門松が立てられ
お神酒徳利の口飾りを売り歩く行商人や古いお札を集めて歩く札納めも出ていて
暮れの賑わいがお登勢の心を幾分かは紛らわせてくれた

それでも家に戻れば自分一人きり
掛取りに追われることはなくなったものの
世間の誰にも声も掛けられない自分という者がとても小さく侘しく感じる年の瀬だった
与平からもらった金で賃餅も用意できたし
もし三が日に与平が来てくれたら食べてもらう節も酒も整っている

遠くの表通りで節季候(セキゾロ)の練り歩く音が聞こえている
ふっと年越し蕎麦でも食べてやろと思い立ち火鉢の炭に灰を被せ
家の戸締りをして再び町に出て行くお登勢
明日になれば正月が来る

posted by 熟超K at 21:59| Comment(0) | 小説

2021年12月05日

お登勢 その五 火鉢

ぱちっ、と炭が跳ねた
束の間うたた寝してたんだろうか
火鉢の炭がまっ赤になってお登勢の頬が熱くなっている

慌てて灰を火箸で赤くなっている炭に丹念に寄せて
これ以上火が熾らないように加減する

青地に緑がかった大ぶりの八角火鉢は与平が先一昨日持ち込んだもので
火熾し用の十能と火箸も一緒に持って来てくれたし
ご丁寧に灰も五徳もしっかり用意されているという至れり尽くせりに
お登勢は有難がるばかりだった

早速翌日炭を買いにいって高くない方の楢炭にしたものだから
こうして時折炭火が跳ねるということになったのをお登勢は知らなかった

貧しい暮らしだったお登勢と母親の二人暮らしでは火鉢も炭も無縁だったし
父親のいた頃の暮らしは幼すぎて覚えていなかった
冬という季節はひたすら母子で片寄会って忍ぶだけの大嫌いな三ツ月だった

その日は本宅からくすねてきた少しだけの炭を火鉢に入れて
火の熾し方を教えてくれた与平と
よく似た炭火の暖かさは
かざす掌から心の芯にまで染み通る不思議な温もりで

お登勢はあったかだね嬉しいねと心で何度もなんどもつぶやいて
与平の固太りの体に寄り添いながら当てた我が耳奥の強い心の臓の鼓動に
真から男が大事に思えて幸せに浸り切りながら
身も心も解け揺蕩う夜を過ごしたものだ


がらりと戸が開いて
「おお、さぶっ」と言う与平の声が聞こえたとぼんやり気付いたとき
八畳間の襖を開けて部屋に入って来るなり
「くさっ、お登勢、そっちの戸を開けろ!」と大きな声が響いた
慌てたお登勢は少しよろっとしながら立ち上がり小庭の障子を開け雨戸をずらす

「炭の火は変に熾したままにしてると毒気を出して死んじまうことがあるんだ」与平が真顔で言った
じきに部屋の空気が入れ替わり寒くもなったが
それはまた二人で暖まればいい

ひとつ賢くなったお登勢の胸の内に
ずっと先になってすごく辛い日がまた続くようになったら
炭の火でこの世から旅立つのも悪くはないね、という想いの火種が点いた

posted by 熟超K at 14:48| Comment(0) | 小説

2021年11月15日

お登勢 その四 寝床

今夜は与平がやってくる日だ
お登勢は昼間干しておいた日差しの暖かさが残ってる夜具の方をちらっと見てふっと笑みをこぼした
知らずこぼれた笑みに気が付いて一人かぁっと顔が熱くなった

もともと母親と二人で長屋に住んでた頃でも暖かい布団なんてめったに寝たことはなかったが
それでも母親の寝息が聞こえる夜は気が休まって穏やかな夢を見ていた気がする
それが、母親の遺体をまだ棺桶に入れられず並んで寝た夜、その翌日に一人ぼっちで寝た夜
長屋を出て大屋が世話してくれた飯屋の二階の物置部屋で一人布団にもぐって涙こぼしてた夜
冷たくって埃の臭いのする布団で寝るのが辛かった

想いもかけず与平の世話になって今の家に住むことになり
ふかふかの客布団で与平の温もりに包まれて大人の女の喜びを知ってからお登勢も幸せが味わえた

なんでもないのにきっちり敷かれた布団の傍を通るたび
つい掛布団の縁を直すのもこの家に住んでからの可愛い癖だった

もう夕餉の支度は八分方出来上がっている
後は汁を温めお燗をつけて釜から移してあるおひつの温かいご飯を与平によそってあげるだけ
与平から勧められればあたしも少しお酒を頂けるかしらと思いつき自分用の杯もそっと用意した

冬の陽はとうに落ち辺りはとっぷり暗さが増して
風で揺すられて玄関の戸ががたっと鳴るとお登勢ははっとして姿勢を直すが
後に続く与平の声がいつまで待っても聞こえないのでまたがくっとうなじが垂れる

隣の八畳間の布団はもう暖か味が残ってないんじゃないか
おひつのご飯も随分冷めてしまったんじゃないか
それにしても今夜の与平は遅いんじゃないか
なにか本宅から出られない用ができたか、ここまで来る途中に誰かに会って長話
それともそれとも…お登勢の頭の中で考えたくないことがぐるぐる渦巻いて息が苦しくなる

そのとき玄関の戸が開いて待ちかねた与平の暖かい声がした
お登勢は急に体に血の気が甦ってしゃんとした返事が胸から飛び出す
「お帰んなさい、あんた」勢い込んで立ち上がったお登勢の背中に寝床は隠れて
おどけた顔で「参った参った」と言い訳してる与平には見えていない
続きを読む
posted by 熟超K at 17:16| Comment(0) | 小説