2022年07月28日

お登勢 その拾参 蚊帳の広さ

あ、蚊に刺された
ぴしゃっと叩いた左の手の甲がぷつっと紅くなっている

蚊やりを焚かなくっちゃあ、とお登勢の独り言
そこへがらがらっと威勢よく玄関の引き戸が開く音

まだ陽もあるのに与平が笑顔で入って来た
お登勢は部屋が片付いてないやら嬉しいやらでどぎまぎしながらも笑顔になる

お登勢、蚊帳を買ってきましたよ
勢い込んで話す与平の額に汗の粒が吹き出し流れている

蚊やりなんか煙いだけでちっとも効きゃあしないから
今夜からこれに入れば蚊知らずでぐっすり寝られるってもんだよ

与平が持ってきた風呂敷を広げると
今、江戸で流行の緑に染められた麻の蚊帳が出て来た

子どもの時分のどぶ板長屋じゃもちろん
小料理屋の女中部屋でも蚊帳なんてお目にかかったことが無かったから

お登勢はなんだかとっても嬉しくって
自分が相好を崩して笑っているのは分かっていても

どうにも笑顔が止らない
与平が八畳の部屋の八方に鍵になった釘をとんとんやっているのを飽きずに眺めている

やがて部屋の四隅とその間の計八箇所に打たれた鍵釘に
蚊帳から出ている紐の先に付いている真鍮の輪を引っ掛けていくと

八畳間の真中に緑色の四角な小部屋が現れた
こうして裾を持ってふくっておいてさっと入るんだよと教えながら与平が入る

そのまねをしてお登勢も中に入ると辺りは緑色に染まり
先に入っていた与平と正真正銘の二人っ切りの世界にお登勢は居る

嬉しさが溢れ出して思わず涙が出たお登勢に与平が
さあ一度本宅に戻ってまた今夜来るから中に布団も敷いておいておくれと言う

なんだこのままこっちに居るのじゃないのかとふっと思いはしたけれど
そんな贅沢言っちゃあ神様に叱られると思い直して笑顔を戻す

お夕飯は用意しとけばいいのねと尋ねれば
あっちで食べて来るからお前は先に済ませて構わないよと言う

与平があちらに戻ってしばらくはなにも出来ずに半刻も過ぎ
やっと四畳半の部屋を片付け焼いた目刺しとお香こで夕餉を済ませ

とっぷり暮れた夜の座敷に
緑色して浮かんでいる四角な世界をしばらく眺め

とにかく敷いた布団を中に引き入れ終えて
まだ来ぬ与平を想いつつ布団に横になると蚊帳の広さが心に染みる
posted by 熟超K at 16:55| Comment(0) | 小説

2022年07月05日

お登勢 その拾弐 蛇の目傘

雨音が強くなってきた
入梅からもう廿日は経っているのに

たまに晴れ間があってもまだまだ雨降りが多い
綺麗好きな与平のために拭き掃除はよくしているけれど

畳も板の間も壁も皆じめっとして
どうにも気持ちが悪いからお登勢はこの梅雨という季節が大嫌いだ

今日だって寝起きの身体は汗ばんでいるし
湯屋に行ったって帰りが雨だったら浴衣も濡れる足元も汚れちまう

おまけにこれからどうしても使いに出かけなければならない自分がうらめしかった
それでも昔に比べれば与平が渡してくれるお足でいろいろ買い整えてあるから

足駄を履いて番傘を差して浴衣を羽織ればそんなに濡れずに済むはず
なんとか気を取り直して出支度して外に出る

ざぁーっと降っててばらばらばらばらっと番傘を叩く雨粒
家の中で思っていたより風も強い

それでもどうにか気を取り直し番傘を強く握って雨が顔に当らぬよう前に倒して
ぬかるんだ道を足元を気にしながらせっせと歩く

行先はお登勢の住んでいるあの家を与平に譲ってくれたご隠居さんの住む長屋
足りない分をいいよと言って与平に譲ってくれたお年寄りが亡くなるまで看る約束のお金

こればっかりは忘れる訳にはいかないけど用事がと言う与平に今回はあたしが行かせて頂きますと
自ら買って出たお役目だから雨が降っても槍が降っても今日行く理由

訪ねた先で不自由しているご隠居さんの暮らしを見かね
あれやこれやをやっていたら思いがけず夜になり

すまないねと繰り返し礼を言うお年寄りを優しく寝かせ
急いで戻ってくると思いがけず我家に灯が見え

玄関を入ると立てかけられた蛇の目傘が雫を垂らしている
与平さんとかけた声にご苦労さんと返る嬉しい声

今日はご苦労だったねと優しい労いに
一度に晴れたお登勢の気持ち

これからは重い番傘の代りに私の持ってきた蛇の目傘をお使いなさい
そんな気遣いに弾む気持ちで遅い夕餉の支度を始めるお登勢の幸せ
posted by 熟超K at 15:29| Comment(0) | 小説

2022年05月18日

お登勢 その拾壱 おとしさん

あっ、鼻緒が切れた
夕餉の支度の青物屋帰りの途中だった

ざるに一杯の茗荷、新生姜、三つ葉などの瑞々しい野菜を落とさないよう
お登勢が踏ん張った途端、下駄の鼻緒がぶつっと切れたのだ

折悪しくぽつりぽつりと落ちて来ていた雨粒が
本降りに変わり通りを歩いていた人々は我先にと商家の軒先目指して早足になる

お登勢もやっと入り込んだしもた屋の軒先で雨を避けていたが
本降りの雨はますます激しさを増し、篠突く雨の例えも霞む豪雨となった

着れた鼻緒の下駄と青物が盛られたざるを持ったまま呆然と雨脚の弱るのを待つ間
同じ軒先の雨宿り人がお登勢に声をかけて来た

あんた甲州屋さんのお妾さんだね
そう呼ばれてどきっとしたが丸顔のにこやかな顔をした老婆に気付いて警戒心が解けた

お妾さんはいいねえ、暮らしの苦労なんてないんだろ
相変わらずにこにこしながらずけずけ話しかけてくる老婆になぜだかお登勢は笑顔を返せた

あたしもね、昔は羽振りのいい大店の旦那さんに囲ってもらっていたことがあるのさ
思わぬ老婆の打ち明け話にお登勢も聞き耳を立てる

自分の話を聞いてくれる人に久しぶりに逢ったとでも言うように老婆は熱心に話を続ける
あたしだって昔はこんなに皺くちゃじゃぁなくって好い女だって言われてたんだよ

おっかさんが生きてたらこのくらいだったのかな、と思うと自然に優しい笑みがこぼれる
ああ、あんた鼻緒が切れちまってるんだね、困るだろそれじゃあ、おばさんが挿げてあげるよ

言うと、お登勢の手の鼻緒の切れた下駄を受け取り、懐から取り出した端切れを割いて紐を撚る
手際よく挿げ替えた下駄をお登勢に渡すと、どうだい具合は、と訊く

足指の収まり具合を確かめながら礼を言うお登勢に向かって手を横に振りながら、いいよいいよと笑う老婆
ありがとうおばさん、あたし登勢って言います、おばさんのお名前は?

名前なんて、そりゃまあ一応親が付けてくれたのがあるけど…登志、がわたしの名さ
お登志さんですね、あたしと良く似たお名前だこと

そうだねぇ、似てるって言えば、似てるねぇ
あたしの親父が、いつも上に登る志ってもんを持つんだぞって付けてくれたらしいんだけど

そうなんだやっぱりこのおばさんの親も、あたしの父ちゃんと同じようなこと言ってたんだ
死んだおっかさんが、初めて奉公に出るとき同じようなことを言っていたのを思い出したお登勢

勢いよく登れよって、酔っ払っておとっつぁんが言ったんだけどね、っておっかさん泣き笑いだった
あんたも上に登る気があるんだろ、と老婆が真顔で話しかける

ええ、でも、もうそんなこと、考えてないんです
だめだよ、考えとかないと、毎年毎年盆も正月も迎えてるうちに、おばさんみたいに皺が寄ってくるよ

あんたの旦那さんがいつまでもあんたを大事にしてくれるとしても
いつかは世の中もお金回りもご本宅の事情も変わって、一人で算段しないといけない時が来るのさ

おばさんみたいになる前に、旦那さんが好い人でいるうちにね
なにかあんたが本気でやってみたいって思うような、習い事でも始めとくと、きっと先々助かるよ

親身な言い方にお登勢は有難い、と思う気持ちがこみ上げて
分かったわお登志さん、あたしなにか習ってみたいこと探します、と頷きながら老婆の手を握る

気が付くと雨足は弱くなっていて、気の早い連中はもう通りに飛び出して行く
また逢おうねと互いに口に出し、お登志とお登勢は別々の方角に向かって歩き出す

posted by 熟超K at 15:55| Comment(0) | 小説

2022年03月27日

お登勢 その拾 お花見

空が明るくなって風が匂やかな季節に変わっている
お登勢は部屋の掃除を一段落して少し外に出かけましょうかという気になった
この陽気なら隅田の堤に行けば七八分咲きの桜見物ができそうじゃないの
出掛けようかと心に決めたら少し浮き浮きして鏡台の中の自分が若やいだのがわかる

あの人と一緒に行けたらとふと過ぎった想いを胸の裡に仕舞い込みきりっと出支度に取り掛かる
玄関を出て表通りまでは裏道を往く
いろいろなお店の奥座敷やらお蔵やらが並んでいる路地を落ち着いて歩く
どうせ他所の人から見れば囲われものの女が暇に任せて歩いているだけだもの

それでも表通りに出れば見た目もまあまあだと思っているから伏し目にはならない
すれ違う人の何人かは見知った顔で なかにはそっと会釈してくる人もいる
やはり買い物をしたり髪結いに行ったりしてるから少しは世間の付き合いもあるってことなんだわ
そんなことをうらうら想いながら歩くうちにお店も途切れて隅田川の堤が近づいた

遠くから風に乗って賑やかしい音が聞こえてくる
昔はここまでではなかったらしいけど昨今は花見客も大勢で日の高いうちから酒盛り騒ぎ
桜の花がきれいなのを見に行ってるんだかお酒を飲みたくて行くんだかわかりゃしないって
髪結いさんが笑いながら言ってたのも皆承知の介

思いのほか寒い風に着物の裾がはらりとなって赤い顔した若い衆がほうほうと声かけてくる
そんな男どものからかいもまだ明るい日のうちなら悪い気もしない
堤の土手が近づくと見事に咲き誇っている桜の花が艶やかでそぞろ歩きの人たちまで華やいで見える
あちらの車座の花見客は料理もお酒もふんだんに用意している大店の一行に違いない

芸者衆から太鼓持ちまで一緒になって騒がしく踊っている者までいるし周りで囃している者もいる
こっちはおっかさんと付いて歩いてる女の子の二人連れ
なんだかうらやましいやら微笑ましいやら
与平さんと子供の三人で歩いていたってだ〜れも気にかけやしないだろうな

霞みのかかったぼんやり青空の下
お登勢ひとりの花見道中そぞろ歩き
posted by 熟超K at 22:51| Comment(0) | 小説

2022年03月06日

お登勢 その九 桃の節句

髪結いの帰り道
町屋通りを急いで歩いているお登勢の目に赤子を背負った町女の姿が目に入る
あっ、可愛いらしいやや子だこと
そのやった眼差しの柔らかくなったところに
にこっと笑った赤子の口の中に白い小さな歯の光がちらと射し込む

お登勢の胸になにかが飛び込んで静かに弾けてかけらが沈んでいった
家に帰り着いて少し落ち着いたところで鏡台の掛け布を上げながら
心の奥底のなにかが動くのを感じて鏡の中の顔と向き合う

歳月が重なっていて顔の輪郭が少しぼやけている
でも与平と会って丸みを増した今の顔は嫌じゃない
そうだよね、とちいさく呟いてから急に心の底から哀しい想いが湧き上がる

赤ちゃん、可愛かったなぁと呟くと泪がふわり目の縁に溢れた
あたしにも赤ちゃんが居ればいいのに、と普段押えていた言葉が唇からこぼれるのが
鏡に見えた

一度与平に訊いたことがあったけど困り顔を見てその先は呑み込んだ
本宅のひとがそれだけはやめておくれと言っていたと
次に寄ってくれたときぼそっと与平がこぼしてからもう言わないと決めていた

今日逢ったあの子は愛嬌のいい女の子だったろう
以前居た小料理屋の主人はおかみさんも子どもも大事にしていて雛飾りがあった
あたしもいつかは飾ってみたいな、と毎年思っていた

思ってはいても、もうこれ以上望めないのは分かっているけれど
体の奥で欲しいな本当に欲しいなと囁く声が止まない
来年の弥生月に桃の節句が祝えるようになったらいいのにと、また呟きがこぼれるお登勢
posted by 熟超K at 14:35| Comment(0) | 小説

2022年02月03日

お登勢 その八 うぐいす

「ふぅ」と我が口から出たため息が静かな部屋に転び出る
今日はため息をつくまいと朝日に願掛けしたのにもう十は数えてしまった

お登勢は障子の向こうに春がひっそり訪ね来ていることは知っていたが
なにが春なのさ、と依怙地な己が胸の内に棲んでいてもう三日も障子を開けていなかった

火鉢の火は灰の中でまだ微かにほんのりしているけれど
温かさもっと微かになっている

火箸でゆっくり掻きまわしてやることも億劫で
鉄瓶の湯が随分と冷めてしまっていることも気にならない振りをしている

かさっと音がした
障子の向こうの小庭になにかが動いた気配がしたようで心が瞬間しゃんとなった

『けきょ……ほ〜けきよ』…えっ、うぐいす
こんなに近くでうぐいすの声を聞いたのは初めて

お登勢はまだうぐいすの姿を見たことがなかった
湯島天神様にお参りに行ったとき、おっかさんが「うぐいすが鳴いたよ」って言ったけど
どこでどんな鳥が鳴いているのか分からず母を困らせたことだけは覚えている

『ほぉ〜〜ほけきょっ』今度はすごくはっきりとっても大きな声で鳴いた
お登勢はそぉっと障子に手を掛ける

つ、つつっと障子が動いたところで鳴き声が聞こえなくなった
手を止め息をひそめてじーっと待ってみる

まだ鳴かない、もうどこかに行ってしまったのかも知れない
いいやまだ居て、もうすぐ鳴く…

でもまだ鳴かない、火鉢の火はすっかり消えて部屋がひんやりしてきている
堪え切れずにもう少しもう少し障子をじりじり開けていく

庭のどこに居るのかどの枝に留まっているのか
あっ柿の木の下の雪柳の枝が動いた

あれがうぐいすなの
小さな小さな鳥、地味な薄緑がかった鶯茶色ってあれなのね

もう少しよく見たいと思った心が手元を揺らし
かたっと障子が鳴った途端、ぱぁーっと小鳥が飛び去った

ほぉーっと気が抜け
残念な気持ちとちょっとでも見れたし声も聴けた嬉しさがお登勢の心の中でゆっくり回る

『春雨に〜♪』端唄がお登勢の耳の記憶から浮き上がり
知らずにそれが己が唇からこぼれ出ているのがわかってお登勢はひそっと微笑んだ

今夜、与平さんが来てくれたら唄ってあげようと
お登勢はやっと炭を足す気になれた


posted by 熟超K at 16:41| Comment(0) | 小説